ニーズに合った浄水器を選ぼう~水道修理後に設置する~

突然起こってしまうお風呂場の鍵トラブルに注意しよう

初めての浄水器選び~女性でも簡単に取り付けられる~

部品

浄水器には、「蛇口直結型」「アンダーシンク型」「据え置き型」の3種類があります。それぞれ特徴が異なるので、目的や予算に合った浄水器を選びましょう。こちらでは、それぞれの特徴を紹介します。

蛇口直結型の浄水器
蛇口直結型の浄水器は、蛇口に直接取り付けるだけで良いので、女性でも簡単に設置することができます。また、野菜を洗ったり、米を研いだりする時にも使うことができるので利便性が高いです。蛇口から水漏れしている場合は、水道修理をした後に、設置するようにしましょう。
アンダーシンク型の浄水器
アンダーシンク型の浄水器は、シンクの下にフィルターを置くので、キッチンのデザインを損ねたくないという方にぴったりです。水栓のデザインも自由に変えられるので、スタイリッシュな水回りを作ることができます。また、フィルターが大きいので、交換時期が1年程度と長めです。ただ、約20,000円~100,000円と比較的高額で、取り付けの際に工事が必要なこともあります。アンダーシンク型の浄水器を取り付ける際は、キッチンの水道修理をした後に取り付けたほうが良いです。
据え置き型の浄水器
据え置き型の浄水器は、浄水機能が高いため、水の美味しさや健康面を重視したい人に向いています。本体が大きいので、フィルターの寿命が長く、カートリッジの交換期限が長いというメリットもあります。アンダーシンク型の浄水器と違って、シンクの上に置いて使うことになるので、設置場所を確保しなければなりません。

快適に浄水器を使用するためにも、キッチンから水漏れしている場合は、浄水器を取り付ける前に水道修理をするようにしましょう。

TOPボタン