キッチンを水道修理するならココをチェック~水漏れ箇所を特定~

突然起こってしまうお風呂場の鍵トラブルに注意しよう

キッチンで水漏れが発生しやすい場所

女性作業員

キッチンで水漏れが発生したら、水道修理をしなければなりません。ここでは水漏れが発生しやすい場所を、3つ紹介します。

蛇口
蛇口は、当たり前のように水漏れが起きる場所です。蛇口の構造は、シンプルな見た目とは裏腹に複雑な構造で、多くの部品が使われています。そのためパッキンや継ぎ目、接続部分など様々なことが原因で水漏れが起こります。吐水口から水が落ちてくる、継ぎ目から水が漏れている、という場合は蛇口の水漏れを疑ったほうが良いです。
シンクの下
シンクの下から水漏れしている場合は、配管関係が故障の原因になっているケースが多いです。また、シンクの下に水が溜まらない場合は、シンク自体が故障している可能性もあります。シンクの下が水漏れしていると思っていても、蛇口や水栓の水漏れが伝って、シンクの下から水漏れしているように見えてしまうこともあります。
キッチンの床
キッチンの床に水が染みている場合は、シンクの下と同じように配管関係の故障が原因で水漏れしている可能性が高いです。配管に異常が見られないなら、床下に立てつけられているパイプから直接水漏れしていることもあるので注意しましょう。

これらの場所は、特に水漏れが発生しやすい場所なので、1度チェックしてみましょう。水漏れが発生している場合は、浄水器を設置する前に業者に依頼して、水道修理してもらう必要があります。

キッチンの水道修理前の確認事項

キッチンの水道修理をする前に、確認しておくべきことがいくつかあります。この確認を怠ってしまうと、水漏れが悪化することもあるので気を付けたほうが良いです。

元栓や部品の接続を確認する

水道修理をする前に、まず確認しておきたいのが元栓や部品の接続です。接続の緩みを直すだけで水漏れが解消されることもあるので、接続部分は1番最初に確認しておきましょう。水漏れ箇所を見つけたら、止水栓か元栓を締めて、水の流れを止めます。水が流れた状態で、水道修理を行ってしまうと、水が溢れて水道代が跳ね上がってしまうので気を付けておいたほうが良いです。

部品をメーカーに注文する

パッキンの場合は、サイズが合っていれば基本的にどのメーカーでも対応します。しかしバルブカートリッジなどは、メーカー純正品を使ったほうが安心できます。部品は、メーカーに依頼することで注文することができます。メーカーに部品がない場合でも、品番や型番が分かるので、ホームセンターやネットで探す際に役立てられます。

業者にキッチンの水道修理を依頼する基準

  • 水漏れの勢いが強い場合
  • 10年以上メンテナンスをしてない場合
  • 部品が破損していて水道修理できない場合
  • 水漏れの原因が分からない場合
  • 自分で水道修理する自信がない場合

キッチンの水道修理には、専門の工具や部品が必要になります。また、水道修理に関する専門的知識がないと、間違った対応をして水漏れが悪化する危険性もあります。自分でキッチンの水道修理ができないと判断したら、すぐに業者に連絡しましょう。

TOPボタン